ヌーブラ

ゴマを食べるとバストアップできるって本当?

ゴマを使った料理はたくさんあり、ふりかけとしても無理なく摂ることができるので、ゴマを食べて胸が大きくなるならこんなに嬉しいことはないでしょう。
ここではゴマとバストアップの関係について紹介します。

成長期の間は、成長ホルモンがたくさん分泌されて胸も成長していきますが、ある程度の年齢になれば成長ホルモンの分泌量も少なくなり、胸の成長も止まります。
そうなれば、あとは自力でバストアップをするしか方法はありません。

胸を大きくするためには、筋肉を鍛えることもおすすめの方法ですが、胸のほとんどは脂肪なので、ある程度の贅肉は必要になります。
かといってただ贅肉をつけても、上手く胸につけるのは難しく、食べ過ぎるとただの太り過ぎになってしまう可能性が高くなります。

バストアップには女性ホルモンをたくさん分泌させる必要があり、ゴマに含まれる亜鉛に女性ホルモンの分泌を促進させる効果があります。
さらに女性ホルモンの分泌を促すには、ストレスをかけることが大きな障害となりますが、亜鉛にはリラックス効果もあることが分かっています。
ゴマにはビタミンEも豊富に含まれていて、ビタミンEには老化防止効果があり、胸が垂れるのも防いでくれます。

そもそもゴマに含まれるセサミンは、胸を大きくするための女性ホルモン、エストロゲンと同様の働きをします。
エストロゲンは乳腺を刺激することにより胸を大きくするので、セサミンを意識的に摂取することで、加齢などによるエストロゲン不足を補うことができるのです。
胸を大きくするためには1日10mgのゴマを意識的に摂取しましょう。

もちろん料理で摂取することもおすすめですが、一般的なゴマだと3000粒を摂らなければいけないので、サプリメントを利用する方法もおすすめです。

このように、ゴマには胸を大きくする効果が高い栄養素がいろいろ含まれています。
特にセサミンは胸を大きくする女性ホルモンと同じ働きをすることから、ゴマを意識的に摂取することで、バストアップ効果を得ることが可能となります。