ヌーブラ

無駄な肉を付けずにバストアップしたい

胸のほとんどは脂肪でできているため、誰でもある程度太ればバストアップ効果はあります。
しかしほとんどは、他の部分には無駄な肉を付けないで胸だけを大きくすることを目標としていて、どうやればそのようなことができるのでしょうか。

せっかく胸が大きくなっても、お腹や太ももやウエストまでサイズアップしたら嫌ですよね。
太る時にはお腹からで、痩せる時は胸からという人は多いと思いますが、正しい方法でエクササイズを行えば、胸だけを大きくすることも可能です。

ある程度の体脂肪率がある女性なら、エクササイズではわざわざ余分な脂肪をつけなくてもバストアップできます。
ただし痩せ過ぎの人は、ある程度脂肪を付けながらエクササイズを行うことがおすすめで、その目安になるのが体脂肪率19%です。
最近では市販のそれほど高くない体重計にも体脂肪率を測れるものもあるので、まずは自分の体脂肪率を継続して19%以下なら少し脂肪を付けてもいいでしょう。
20%以上であればその必要はありません。

バストアップエクササイズは、主に大胸筋を鍛えるもので、やり方はいろいろあるので、ネットや本で調べて続けられそうなものを選んで実行しましょう。
エクササイズはとにかく継続することが大切で、効果は数ヶ月後でなければ出ないという気持ちではじめましょう。

バストアップ効果を得られるのは、女性ホルモンのエストロゲンによるものです。
成長期が終わったら、エストロゲンの分泌量も事前に減少するので、エクササイズをしながらエストロゲンの分泌を意識的に促すことをおすすめします。
エストロゲンの分泌を促すには、ストレスと溜めない、十分な睡眠を取る、規則正しい食生活を摂るようにすればよく、大豆や鶏肉などを意識的に摂ることもバストアップには効果的だと言われています。

このように、十分な睡眠と規則正しい食事を摂りながらストレスを溜めないように正しい方法でエクササイズを行うことで、余計な贅肉を付けないで胸だけを美しく大きくすることができます。